造園土木一式 企画・設計・施工・管理

コラム

2010年06月のコラム

2010.6.30
 サムライジャパン、惜しかったですね・・・。初のベスト8に半歩近づいたのですが・・・でも相手のパラグアイは8回目の出場で初のベスト8、ウルグアイは40年ぶりのベスト8、FIFAランキング3位のポルトガルは日本と同じベスト16・・・そう考えると、まだ新参者の日本はまだまだワールドカップの苦汁を味わなければならないのかもしれません。
 敗戦後の選手たちも口にしていましたが、やはり個人レベルでの力不足を痛感したようです。岡田監督の目標にしていたベスト4、なしえる可能性はあったでしょうが、それはまぐれや相手の不調が前提であったと思います。組織での限界も見え、次の4年の課題がはっきりしたのではないでしょうか。
 海外で活躍する選手をもっと輩出しないとならないでしょう。今回の躍進で数名には海外移籍のチャンスがあるはずです。しかし今までも有望な選手が海外移籍までこぎつけては、そこでの出場機会を失い、衰退してしまうケースがほとんどでした。長谷部選手、本田選手、森本選手をはじめ、移籍の決まっている内田選手、おそらく声がかかるであろう長友選手には海外でレギュラーをぜひ取ってバリバリやってほしいものです。
 久しぶりにサッカーに注目できる大会でした。準々決勝でスペインとの試合を観たかったですが、きっと今回の躍進で、そういった強豪との国際マッチも増えるのではないでしょうか。そういった経験を積み重ねていって、次回につなげてほしいです。
 いきなりスペインが負けてしまいました・・・。しかし、やはり素晴らしい!もっともっと見たい、そう思いました。グループリーグ初戦ということで退屈な試合が多いなか、録画までして甲斐がありました。そこへ出すか!というパス、DFとは思えないドリブル、切り返し・・・。特に攻撃面ではシャビ、イニエスタだけでなく異なった個性が折り重なって流動し、観ているものを飽きさせない、そんなサッカーに衝撃を受けました。またあまり感情を表に出さない選手が多く、それがまた渋い。
 今回のワールドカップは86年以来、久しぶりに注目して試合を観るようにしています。高校生時代にもこのような視点で試合を観ることができれば、自分のプレーにも役立てたのにと思います。あのころは観方が浅かったのを痛感します。
 さて、我が日本は初戦を見事に勝利し、明日はオランダ戦です。なにかを起こせるだけの力は持っていると思うので、世界を驚かしてほしいと思います。それよりアジア代表としての責任もあります。ドイツ戦のオーストラリアの大敗、昨夜のアルゼンチン戦の韓国の大敗(初戦ギリシャには素晴らしい勝利を収めましたが)、次回のアジア枠にも影響を及ぼします。前回の親善試合の前半のような試合をして、それを最後まで持続できるように頑張ってほしいです。
 いかんせん深夜の試合が多いため、まだ観ていないチームも多いのですが、すべてのチームが初戦を戦いました。慎重な試合が多かったのですが、2戦目からは好ゲームが増えそうで楽しみです。
2010.6.11
 いよいよ今日開幕しますね!私は自分がサッカーをしていた82年スペイン大会、86年メキシコ大会の試合はたくさん観ました。そして何度も何度も観ました。ブラジルのジーコ、ソクラテス、フランスのプラティニ、フェルナンデス、デンマークのエルケーア、ベルギーのシーフォ、アルゼンチンのパサレラ、マラドーナ・・・私の中のヒーローたち。しかしサッカーを離れた90年、94年、98年はまったく観ることをしませんでした。ニュースも見ませんでした。なのでジダンの全盛期を全く知りません。ようやくまたサッカーに注目した2002年は日韓共同開催、日本代表の初戦のベルギー戦とロシア戦の間に息子が生まれました。病室でロシア戦を観戦したことを懐かしく想い出します。前回ドイツ大会ではイタリアの闘将カンナバロに惚れました。今回はどんなヒーローが現われるか、楽しみです。
 昨年度の秋、冬に「無敵艦隊」というコラムを書いていました。このワールドカップでは、その本物の無敵艦隊を注目してみようと思います。シャビ、イニエスタを擁するスペインです。あのスルーパスは芸術品です。地元アフリカ勢も面白そうです。いつものブラジル、ドイツ、イタリアではつまらないですよね。
 そうそう、日本?もちろん何かを起こしうるものは持っていると思います。でも今さらシステムだの戦術を変えてほしくはないです。開き直って走りまくってつなぎまくって、世界が、日本は気が狂ったかと思うくらい動き回ってほしいです。日本の何かを世界に感じてもらえるように。
 そして最後に注目したいのは、芝生です。最高の舞台の芝生をよーく見たいと思います。