造園土木一式 企画・設計・施工・管理

コラム

2010年04月のコラム

2010.4.23
 弊社の管理している緑地で社員が珍しいものを見つけてきました。モクセイの実です。モクセイには実がならないと思っていましたので
調べてみると、やはり日本に多くあるキンモクセイは実をつけないということです。なぜならキンモクセイは雌雄異株で中国原産なのですが、
日本に導入されたときにたまたま雄木だけが入ってきたため、雌木が存在しないということらしいです。今回見つけたものはギンモクセイで、
その中でも変種のウスギモクセイというもののようです。キンモクセイにくらべギンモクセイは色的にも芳香的にも印象が弱いため、
キンモクセイのほうが人気が高く、昔は「モチ、モッコク、モクセイ」は庭木3種の神器としてどのお庭にもありました。最近の若い方の
お庭にはあまり植えることはありませんが、それでもキンモクセイの匂いが好きという方が多くいらっしゃいます。お話しをうかがうと
キンモクセイの匂いがすると運動会を思い出すとおっしゃられます。音楽もそのころの思い出を呼び起こしてくれますが、匂いが呼び起こす
想い出って胸がきゅっと痛くなるようなものが多いような気がします。きっとそれは脳が思い出すのではなくて、吸い込んだ匂いが心を
刺激して想い出すものだからなのでしょうね。
 先日今年最初の環境推進委員会のため大阪に行ってきました。
いつものように新幹線に乗ったのですが、あることに気付きました。
検札にきた車掌さんが「ご乗車ありがとうございます。」という
お客様と「いつもご乗車ありがとうございます。」と「いつもを
付けるお客様がいたのです。最初は全員に同じセリフというのも
つまらないからかなぁと思っていて、自分のときは何て言って
くれるのかなと待っていました。すると私には「いつも」付きの
セリフでした。私はJR東海さんのEXPRESS予約に契約
していて、これは携帯やパソコンで新幹線の予約ができ、自分の
好きな座席を選べるというサービスで、ポイントがたまると
グリーン車に普通席の料金で乗ることのできるサービスもある
のです。このシステムで予約すると切符にそれとわかる記号が
付くため、それをみて常連客に対するセリフを変えているのだと
分かりました。その「いつも」の一言もサービスのひとつなわけで、
他のお客様と差別化され少しだけいい気分を味わうことができました。
接客業についてひとつ学んだような気がしました。