造園土木一式 企画・設計・施工・管理

コラム

2009年06月のコラム

2009.6.29
 群馬営業所の宮地です。
 先日7歳の息子に「リモートコントローラー取って」と頼みました。自分でも取れるのですが、動くのが面倒でつい子供を使ってしまうのですが。最近世の中なんでも略語にしてしまうことが多く、その時は正確な名前を教えるつもりで「リモートコントローラー」などと言ってみたのですが、すると息子は「○○ちゃーん」と妹の名前を呼ぶではないですか。「何言ってるの。早くリモートコントローラー取ってよ、リ・モ・コ・ン」と言うと「妹なんとかローラーって言ったじゃん」と答えました。
 「なるほど妹コントローラーね」と私は妙に納得してしまい、息子の頭をクシャクシャとなでてやりました。息子はなんだかよく分からないという顔をしていました。息子を使ってリモコンを取ろうとしたのも息子をリモコン扱いしたわけですが、その親の発注を下請けに丸投げするような息子の勘違いイモコンの出現に、これからは娘に直で発注しようと思ったバカ親でした・・・。
 群馬営業所の宮地です。
 最近気になることがあります。お弁当などについてくるお箸についている爪楊枝の材質が悪くなっているようなが・・・。すごくしなるのです。まるで棒高跳びのポールのように。ポールは簡単には折れず、すごい反発力を持って人をバーの上へといざなってくれますが、しなる爪楊枝は反発力もなく力がうまく伝わらず、すぐ限界を超え折れてしまうのです。それはエコのせいなのか、不景気のせいなのか分かりませんが、機能を失うほど材質を落とすことにどんな意味があるのかと思ってしまいました。楊枝のくせに用事を足さない、そんな爪楊枝だったらないほうがマシでよりエコだと思います。中途半端っていけないですね。
 群馬営業所の宮地です。
 今日は朝4時から仕事をしました。昼休みもそこそこに作業をこなし、なんとか夕方に終えることができました。さすがに疲れたので午後6時には終いにして、久しぶりにスーパー銭湯に行ってきました。昔から銭湯に行くのが私のリフレッシュ方法のようで、たまに行きたくなります。お湯につかって、サウナと水風呂を3セット、身体を洗って最後水風呂で〆るのがパターンで、今日もそんなつもりで行ったのですが、露天風呂につかっているとそこが妙に居心地がいいというか、その場から動けなくなっていました。最初は風呂の床の石の乱張りを見て、ここは通り目地だとか十字になってるとか考えていたのですが、そのうち木と空を見ていました。6時半を過ぎて夕暮れというほど暗くなく、かと言って昼間ほど明るくなく、半身浴をしていたため温かく、上半身は風に吹かれて寒くなく、裸でお湯に身体を預けると自然と一体化したような、そんな感覚でした。
 木が緑色からどちらかというと黒に近くなってきて時計を見ると7時半、日が伸びたなぁ、もうすぐ夏至だもんなと思っていると、そういえば息子が生まれた日もこんなに日が長かったっけ、なんて思いだしてきて、なかなか生まれてこなくて日付が変わって夜中の2時すぎだったなぁ、こんな昼間が長くて夜が短い季節になんでまた丑三つ時に生まれてきたんだろうと7年経った今更ながら不思議に思えて、サッカーの日韓ワールドカップのベルギー戦とロシア戦の間に生まれたんだとか、次から次へといろんなことが頭をめぐって、それにしてもなかなか暗くならないなぁ、冬は一気に暗くなるのに、なんでこんなに明るさを引きずってるんだろう、地球の自転速度は同じだから同じように暗くなってもいいのになんでだろう、と息子のことはどっかにいってしまって、6月の昼ってなんて欲張りなんだな、夜にはやくバトンタッチすればいいのに、もしかして夏至が過ぎても昼間が短くならなくてそのうち白夜になったりして、などと頭のなかが瞑想妄想状態。今日は日の出から日の入りまで1日中アウトドアを堪能したなぁ。おしまい
 
 群馬営業所の宮地です。
 先日運転免許の更新に行ってきました。2009年1月より免許証がICチップ内蔵のキャッシュカードような素材のものになっているそうです。少し混んでいたせいもあるのか、元々そういうしゃべり方なのか、かなり事務的で感情のない口調で対応しておりました。しかしテキパキとこなしており、私へ書類の記入の指示をした後は、隣で少しお年を召した男性の視力検査を始めました。
事務員「そこをのぞいてください。これ分かりますか?」
男性 「いやぁ、分からないな〜」
事務員「これ分かりますか?」
男性 「うーん、分からないな〜」
私  (え?大丈夫かな・・・これでも更新できるのな・・・)
事務員「これは?」
男性 「ぜーんぜん見えないんだよな〜」
私  (えーっ!こりゃ絶対無理だ)
事務員「じゃあ、これは分かりますか?」
男性 「・・・」
事務員「あのー、目あけてますか?」
私  (おいおい、それは失礼やろ・・・)
ということで思わず吹き出しそうになりました。帰り道目を閉じて運転している方に出くわしそうで、超安全運転で帰った私でした。もしかして安全運転に導く新しい指導法だったのだろうか・・・